色々な授業の形式があります

一口に中国語教室と言っても色々な形式があります。

<教室に通うもの>
・マンツーマン
・セミマンツーマン
・グループ

○マンツーマン
マンツーマンは文字通り、講師と生徒が一人ずつの授業。
一対一なので疑問に思っていることは全て聞けますし
つきっきりで教えてもらえるので得るものも多いです。

○セミマンツーマン
セミマンツーマンとは、講師一人につき生徒が二人の授業。
個別指導の塾で多い形式ですね。

マンツーマンと違って他の人の質問と回答も聞けるので
違った角度からの疑問を解消できます。
ずっと同じ人とペアで受講をすることになっていれば、
中国語教室で友人を作ることもできます。

同じ“中国語を学びたい”という目標を持った友人ができれば
やる気もアップしますよね。

○グループ
グループは講師につきっきりで教えてもらうことはできませんが
ディスカッションの練習ができたり、
大人数だからこそできるカリキュラムも用意されています。


当然、料金はマンツーマン>セミマンツーマン>グループ

自宅学習を頑張れるのであれば、
グループコースを受講してディスカッション等の
ロールプレイングも経験しながら受講するのもアリかもしれません。



また、通わなくても良い授業もあります。

<教室に通わないもの>
・オンライン
・カフェ

○オンライン
オンラインとは、スカイプ等のビデオ通話で授業を受けるスタイルです。

オンラインスタイルを取り入れている教室は
時間を問わないものが多く、
忙しい仕事の合間を縫ってでも受講できるような
工夫がなされているところが特徴です。

例えば、通常では教室の閉まっている時間(深夜・早朝)に
授業をしてもらうことが出来るなどです。
急な予定の変更にも対応してくれるところが多いので
もしオンラインスタイルで気になっているところがあれば
時間変更は可能か、など質問してみるのも良いですね。


○カフェ
続いてカフェスタイルとは、
講師と駅などで待ち合わせをして
カフェで受講するという形式です。

教室の堅苦しい雰囲気はなく、
より日常に近い環境で話ができるので人気なようです。

管理人も一度隣の席がそのような授業をしているところを見かけました。

あれは授業というよりも、お喋りという感じです。
とっても楽しそうな、和やかな雰囲気で、
でも発音がおかしかったり、言い回しを間違えると
講師が訂正してくれていました。

ナチュラルに言葉を話せるようになりそうで、とても良い感じでしたよ。


このように多種多様な授業の形式があるので
本当に迷ってしまいますが
自分に合ったものを選んで着実に中国語力を伸ばしましょう。